カテゴリー別アーカイブ: 動画

ヘドン・ストリート

機が熟した!いよいよヘドン・ストリートがオープンを迎えます。

ルアーが、「単に魚を釣るための生餌の代わり」でしかなかったら、僕は、ここまでルアー釣りにのめり込んではいなかったと思います。先人達の偶然の発見から進化を続けてきたルアーですが、味も臭いもない無機質な物体に飛びつく魚を見てしまうと、その理由を探究しつつ、更なる仕掛けを施したくなるのは、人間のDNAに組み込まれた「好奇心」なのだと思います。高い山があるから、その頂上まで登ってみたくなる。深い海があるから、潜ってみたくなる。目の前に魚がいるから、それを釣ってみたくなる。
それも、ルアーで……

僕が世界中を旅行している時に、必ず寄る場所があります。それは、図書館と釣具店です。どちらも、その国や地域で釣れる魚や釣り方、そしてそのエリアの釣り文化を学ぶことが出来るから好きです。残念ですが、図書館には情報はたくさんあるけど目の前に釣り具がありません。逆に、釣り具屋さんにはタックルがいっぱいあっても、情報が少ないと思います。もちろん、図書館も釣り具店もその目的を考えれば当たり前のことですが、僕はいつも釣り具店でルアーを見ながら、図書館のように、自分の釣りを更に進化させるための歴史や知識、技術進化の為の情報を得る事が出来たら、自分の釣りを大きく進化させる事が出来ると思っていました。10年前では難しかったことですが、携帯端末機が急激に進化してきた今ならば、QRコードを使って目の前にあるルアーの情報を動画や資料を使って紹介することもできると思いました。お店にいながら、自分の目の前にあるルアーの歴史やそのルアーの特性を生かすための使い方を簡単に知る事が出来れば、自分のゲームプランの中に組み込みやすくなると思います。自信を持って使い切っていくルアーにする事が出来るようになると思うのです。
ルアーは、タックルと呼ばれるように、まさに道具なのです。例えば、大工さんが家を作るために道具を買いに行く時にお店の中でたった1種類のドライバーしか売っていなかったら、おそらく使い物にならないと思います。ネジのサイズやタイプに合わせて数種類のドライバーをボックスに入れておくべきだからです。釣り具店もいつの間にか雑誌などで紹介されているルアーを中心に置くという傾向が続いてこともあって、いつの間にか大きな偏りが出来てしまったのです。

今回、フィッシング遊が、僕の懸念と提案に興味を持ってくれました。中京地区の、フィッシング遊・鈴鹿店を訪れてくれるアングラーの為になるのであればということで、お店の大改装、ヘドンストリートのオープンということになったのです。フィッシング遊・鈴鹿店では、キャッチフレーズの「原点回帰」という言葉が示すように、一度原点に戻って、たとえ雑誌に載っていなくても、ここを訪れるアングラー達が自分のタックルボックスをちゃんと完成する事が出来るように、基本的なルアーを幅広く置くということになったのです。もちろん、おしゃれに楽しく買い物出来るように、ルアー・コーナーにはヘドン・ストリートという名前を付けて、様々な仕掛けを施してくれています。ここで全てを書いてしまうと、見に行く時の感動が薄れてしまうでしょうから多くは書きません。楽しみにしてください。更に、ヘドン・ストリートの入口には、携帯を使わないアングラーの為の情報パネルを設置してくれることになりました。ここで得られる情報は6週間くらいのペースで、知っておくべきルアーの歴史から使い方までを紹介していく予定です。

釣りは、人が人として心にゆとりを持って幸せに生きていく為の環境作りをしてくれると思います。親子の絆を深めていくのもその1つ、友達との間の友情もそうですし、自然の雄大さや自然保護の立場から環境問題を考えていく事もあります。だから僕は、今から360年も前にアイザック・ウオルトンが書いた「釣り師は全ての魚を愛するように、人類すべてを愛する。」とする、スポーツとしての釣りの思想が大好きなのです。ヘドン・ストリートで初めて会った人と会話が弾んでいつか一緒に釣りに出かけるようなことがあったら素晴らしいと思います。僕は、今回のこのような環境作りの為の大改装を英断してくれたフィッシング遊・鈴鹿店にも感謝していますし、ここを訪れるより多くのアングラーの皆さんにもルアー釣りを思いっきり楽しんで欲しいと思っています。

最後に、昨日決定したことがありますので紹介したいと思います。これは平日の夕方にルアー教室を開くことです。大阪、東京での釣り具ショー会場では1時間という限られた時間の中で全てを話す事は出来ませんし、周りもにぎやかなので落ち着きません。そこで、平日の夕方から3時間くらいかけて、バス釣りの基本からルアーの選び方や使い方、そしてチューニングの話などを一気に説明してみたいと思っています。現在、鈴鹿市で合計4回のクラスを考えています。開催日は6月9日と10日。6月30日と7月1日を考えています。細かい時間や開催場所はフィッシング遊・鈴鹿店にお問い合わせください。当日ふらっと来られても教室に空きがあれば入れますが、机の数の問題もあり、興味があるのでしたら前もって予約をして席の確保をしてください、ということです。
それでは、みなさん、リニューアル・オープンするフィッシング遊・鈴鹿店のヘドン・ストリートを存分にお楽しみください。そして、これからもどんどん進化していきますので応援し続けて下さい。

ヒロ 内藤
フロリダ自宅にて

 

【動画】ポッパー活用術

ポッパーの強さの1つは、間違いなくポッパーが作り出す音の要素だと思う。もともと、ポッパー音は逃げ惑う小魚をイメージさせると言われてきているが、1920年にヘドン社はラッキー13にチャガー音と言うバス側の捕食音をルアーに組み込んだ。競争心旺盛なバスに捕食音を聞かせることによって、捕食に興味を持たせたのだ。正確なルアー分類上ではポッパーとチャガーと言う2つの違った種類のルアータイプとなる。しかし、一般的にチャガーもポッパーと言うルアー分類に組み込んでしまう事が多いのはその形状が似ているためだと思う。
ポッパーはトップウォーターの中ではトーナメントなどにおいても非常に使用頻度が高いと思う。その理由は、食性以外の要素でストライクを作り出す事が出来る要素が多いからだろう。特に音の要素に関しては、相対的濁度が上がる、つまり濁りの方向に向かう水質などでもバスにルアーに対する興味を作り出しやすいからだろう。
ポッパーで安定してバスを釣りあげていく為には、使い方に関して3つのキー・ポイントを理解しておくと、攻めの幅を大きく広げる事が出来る。

1:音の種類
ロッド・ストロークの幅を狭くすることによって、水をはじく、”ピシャッ“っと言う小魚が逃げる時に、水から飛び出すような音を出す事が出来る。もう1つの音は、ロッド・ストロークのスピードを遅くして、ゆっくりと長めの距離を引ききることです。空気をしっかりと捕まえて、”ボコッ“っと言うような捕食音を作り出す事が出来る。この2つを組み合わせると、ストライク率が急激に上がっていく。特に立ち角度の大きいタイプのポッパーでは作り出せる音の幅を大きく広げる事が出来るので、さまざまなロッド・ストロークの幅やスピードを変えながら、自分で作り出す事が出来る音を確認しておくと良い。
2:スピード
ルアーが偽物で、基本的に味も臭いもないのだからスピードに変化をつけるとストライク率を上げる事が出来る。徐々に速くしていったり、徐々に遅くしていくよりも、急激な変化をつけた方が結果が良いことが多い。
水温は高いが、活性が低い場合などでは、極端に早いスピードでのリトリーブが一気にバスのやる気を起こさせることも珍しくはない。反応が悪いと一般的にスロー・リトリーブへと移っていくアングラーが多いが、水温さえ十分に高いのであればファースト・リトリーブは絶対試してみるべき方法だと思う。
3:アクション
ロッド・ストロークの戻しを早め早めに意識していくと、ポッパーの中には左右への軽快な首ふりをしてくれるものもある。特に立ち角度の浅いタイプのポッパーにおいては、左右への動きを出しやすくなる。凄く効果のある1つの方法は、ゆっくりとした長いストロークで空気を巻き込みながらポッパーを水中にもぐり込ませた直後に、ポッパーが浮き上がる前にトゥイッチングを入れてしまう方法だ。バスにとっては、捕食音に反応してそっちの方向を見てしまう時にその音源の方向に逃げ惑うポッパーを見てしまうと反射的に飛び出してしまう。山上湖などを始めとして、透明度の高いエリアで、水温が十分に高く、障害物が絡んだりすると非常に効果的な方法の1つだ。(ヒロ 内藤)

【動画】ミノーの釣りで釣果を伸ばすために

ミノーの釣りで釣果を伸ばそうとすると、必ず誘いをかけて、ストライクそのものを作り出していく必要性があると思う。つまり、やる気のないバスに対して、突発的なリアクションバイトを誘い出していくわけだが、この時に手に感じるようなあたりは非常に少ない。ロッドを通して手にストライクを感じることが出来ないのだから、アワセのタイミングをほかの要素から自分で作り出していかなければならない。幸いなことに、ミノーのジャーキングなどで攻める場合には、そのレンジそのものも浅い場合が多いし、比較的透明度が高い場合が多い。つまり視認性に頼ることがある程度はできると思う。実は僕がオレンジやホット・ピンクなどの視認性が非常に良いカラーをメイン・カラーとしてカラー構成が施されているミノーを多用する理由は目でアワセのタイミングを見極めやすくなるからだ。
今回、ミノーのカラーをテーマとした撮影を自分でやってみようと思い、出かけてみた。2月初旬、気温も水温も低かったこともあり、バスの動きも非常にスローであった。この日、僕は18尾バスを釣り上げるのだが、この中でストライクを手で感じたものは2尾しかいなかった。アワセをしなければ、16尾のうちの大半はバスが反応していたことすらわからずにパスしていたと思う。僕が釣り上げたバスの中にはテールフックの外ガカリがあった。これはミノーがロールをした時に、背中側を銜えるバスで起きるケースだと思う。ミノーがすべてバスの口の中に消えてしまうのではなく、リアクション的に背中側を小突く程度に反応してくる。この時にすかさずアワセるとルアーはバスの口をすり抜けてしまうが、テールフックがバスの口の外側からフッキングしてくる。これが多くの場合の外ガカリが起きてしまう原因なのだと思う。
ミノーの釣りでプラス1尾、より釣果を伸ばそうとするのであれば、ぜひ考えてみるべきことだと思う。視認性の良いミノーと水中でのコントラストを強めに出してくれるサングラスを持っているとランディングできるバスの数は確実に増えていくと思う。

(2014年3月 ヒロ内藤)

【動画】バスプロ、ゼル・ローランドが選ぶポップR トップ3カラー

以前、ポップRに関してバス・プロ達の間で最も有名なゼル・ローランドに彼が一般アングラーに勧めるポップRのトップ3・カラーを聞いたことがあった。もちろん、コンフィデント・ルアーになる可能性も踏まえて選んでもらった。その時の動画があるので、肝心な部分をアップしてみたい。

内容的には彼が選んだカラーは
1. シルバー・クロームのブラック・バック
これはどんな場所でもベイト・フィッシュのイメージに近いから。
特に相対的濁度が低い(透明度が上がっている)状況では効果的だ。
2. ベイビーバス
このカラーはゼル・ローランドのコンフィデント・カラーだと思う。彼の場合、レーベル社のカラー・ナンバー17(Ole’ Bass)が基本だが、彼の特殊なチューニングとしては側線上にあるバスの黒いマークの上に接着剤を塗ってしまい、そこに赤いラメを張り付けている物を結構使っていた。ブリーディング・シャッドの小バス版と言う感じなのだと思う。
3.ボーン・カラー
膨張色としても有名なボーン・カラーは視認性の低い状況下などでもストライク率が高いことで有名だ。

さすがにこの3色は、レーベル社においても安定して人気の高いからである。
最後に、中級から上級アングラーへとステップアップしていきたいならば、自分の持っているコンフィデント・カラーに頼るのではなく、新しいコンフィデント・カラーを作り出すことを試すと良い。この時に重要なことは、新しいコンフィデント・カラーは今までのコンフィデント・カラーの反対色を基本に考えていくと良い。バスをだます方法をカラーを使って考えていく。ルアー釣りって、やればやるほど終わりもなければ楽しいものだとつくづく思う。

(2013年8月 ヒロ 内藤)

【動画】BOO RIG

先日、ICASTのプラドコブースで流れていたBoo Rigの動画が手に入りましたので、アップいたします。バスを1メートル、ルアー側へ動かすよりも、ルアーそのものを1メートルルアー側に送り込む方が易しいのです。とは言え、クランクベイトなどにおいては、ルアーの比重自体を大きくすることによってゾーンを下げていくことを考えるとルアーの動きそのものが死んでしまいます。切れの良い動きを維持したままで、ゾーンだけを下げていくことが必要なのです。
昔から、一部のトッププロ達はゾーンを変えるためにヘビキャロでクランクを投げていました。僕も一時期は投げ釣りで使う5号くらい(たぶん20グラムくらい)のジェット天秤に70センチくらいのリーダーを付けてクランクでハンプやディープでのドロップ・オフ、そしてチャネルなどを狙っていた事がありました。水深6メートルを超えるゾーンを簡単に、そして効率よく攻める事が出来ます。今回のビデオの中で、現在アメリカのトーナメント界で最もホットと言われるジェイソン・クリスティーが水深34フィートを超えるゾーンからバスを引き出しています。トーナメンター達にとってもディープ・ゾーンを効率よく、かつスピーディーに攻めていくことは必要不可欠になると思います。今まで、トーナメントのウイニング・パターンにヘビキャロによるクランキングが出てこなかった方が僕にとっては不思議なくらいでした。今回のように、ここ数年間、トーナメント界ではホットな話題となってきたアラバマリグの変形として出てきたブーリグでは、違和感なくこれを使っていくアングラー達やプロ達も多いと思います。その結果として、このようにゾーンを変える攻め方がウイニング・パターンになる日がきても不思議ではないと思います。

(2013年7月 ヒロ内藤)